ソフトバンクとウィルコム沖縄は12月19日、「ワイモバイル」の2019年秋冬商戦向けのスマートフォンとして、Android Oneスマートフォン「S7」「S6」を同時に発売した。

「S7」(左)と「S6」

 「S7」は、約1200万画素/約800万画素のカメラ、消費電力を抑えながら高精細で鮮やかな描写が可能な5.5インチIGZO液晶ディスプレイ(解像度2160×1080)を搭載し、高い解像度や色再現性を実現する「リッチカラーテクノロジーモバイル」に対応するシャープ製のAndroid Oneスマートフォン。CPUにオクタコアのSDM630を採用し、OSはAndroid 10。

 4000mAhの大容量バッテリによる長時間稼働を実現し、充電の繰り返しによるバッテリの劣化を抑える「インテリジェントチャージ」、電子式手ブレ補正、被写体の動きに応じてAIがシャッタースピードや露光を自動で調整する技術、「おサイフケータイ」機能、IPX5、IPX8/IP6Xの防水・防じん性能などを備える。

 サイズは幅70.0×高さ147.0×奥行き8.9mmで、重さは約167g。カラーは、ライトカッパー、シルバー、ブラックの3色。
 
ワイモバイルの「S7」のカラーは3色

 なお、シャープの主催で、「S7」を2020年2月29日までに購入し、3月8日までに専用ページから応募した全員に、1000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」を実施する。

 「S6」は、有効画素数約1600万画素のカメラと、135°の超広角撮影が可能な約800万画素のワイドカメラによるデュアルカメラ、5.84インチ液晶ディスプレイ(解像度1080×2280)を搭載した京セラ製のAndroid Oneスマートフォン。CPUにオクタコアのP35 MT6765を採用し、OSはAndroid 10。

 手ブレ補正や、背景をぼかす機能(メインカメラのみ)に対応する。また、IPX5/IPX8準拠の防水、IP6X準拠の防じん性能、ぬれた手でもスムーズに操作できる「ウェットタッチ」機能、手袋を装着したままでも操作可能な「グローブタッチ」機能、「おサイフケータイ」、指紋認証、赤外線によるデータ移行など、多彩な機能を備える。
 
「S6」も同じ3色をラインアップ

 IPX6、IPX8/IP6Xの防水・防じんにも対応する。サイズは幅73.0×高さ153.0×奥行き8.9mmで、重さは約151g。カラーは、ラベンダーブルー、ホワイト、ブラックの3色。