米Googleは11月14日に、すでに22の国・地域で提供していた、新しい音楽ストリーミングサービス「YouTube Music」の提供を日本で開始した。

音楽をシンプルに整理してパーソナライズする

 新アプリ「YouTube Music」のホーム画面では、以前に再生した音楽や今いる場所(ロケーション履歴を許可している場合のみ)にあわせておすすめを表示。ほかにも、ジャンル、気分、アクティビティに向けた膨大な数のプレイリスト、「口笛ソング」「車のCM曲」といったあいまいな語句や歌詞で探せる「スマート検索」、注目動画を紹介する「動画のホットリスト」、ライブラリ登録など、機能は盛りだくさんだ。

 広告表示がなく、無料版の機能に加え、バックグラウンド再生、オフライン再生、お気に入りの曲を自動的に一時保存する「オフラインミックス」(一時保存)機能を利用できる有料版「YouTube Music Premium」は、最大6か月間、無料でトライアル可能。通常料金は月額980円(iOS端末からは1280円)。なお、「Google Play Music」の定期購入を利用しているユーザーは、「YouTube Music Premium」も自動的に利用できる。

全コンテンツ広告なしの「YouTube Premium」も

 同時に、YouTubeの全コンテンツが広告なしで再生できる有料プレミアムサービス「YouTube Premium」を開始した。バックグラウンドやオフラインで動画を再生できるほか、『コブラ会』『The Fake Show』『隙間男:Stalking Vampire』といった「YouTube」オリジナル作品を視聴できる。月額料金は、Web/Androidからが1180円、iOS端末からは1550円。
 
「YouTube Music Premium」と「YouTube Premium」の比較。プラス300円で、動画の再生も広告表示なしになる

 「YouTube Music Premium」「YouTube Premium」とも、本人を含む同世帯の最大6人を招待して利用できるファミリープランを用意する。