Googleは10月5日、音声アシスタント機能「Googleアシスタント」を搭載し、クリアな高出力スピーカーを内蔵する「Google Home」を10月6日に、コンパクトなサイズの「Google Home Mini」を10月23日に発売すると発表した。


Google Home

 「Google Home」は、話しかけるなどの音声で動作するスマートスピーカー。「OK Google」と話しかけて起動し、その日の天気や食材のカロリーなどを尋ねると、音声で応える。また、「ルンバ」やフィリップスのIoT照明「Hue」など、対応するスマートデバイスと接続すれば、「Google Home」を介して音声でオン/オフなどの操作ができる。

 最大6人の声を登録できる「ボイスマッチ」を搭載し、話しかけるだけでユーザーを認識する。「Googleカレンダー」などへのアクセスを許諾すれば、スケジュールや職場への交通状況を尋ねた際には、声の持ち主に合わせた情報を教えてくれる。音声のほか、タッチセンサを備えた本体上部に触れて操作することも可能。

 コンテンツとして、「Google Play Music」「Spotify」「Netflix」などの音楽・動画配信サービスや、「NHK ラジオニュース」などのニュース情報を提供するサービスを利用でき、順次、対応サービスを追加していく。

 なお、Google以外が提供する「ホットペッパーグルメ」や「楽天レシピ」などのアプリやサービス、「Google Home」で利用できるようにする開発者向けのプラットフォーム「Actions on Google」は、数週間後に日本でリリースする予定だという。

 「Google Home」のカラーはスレート1色で、別売のベースを組み合わせると色を変えられる。本体の税別価格は1万4000円で、ベースはコーラルが3000円、カーボンが4500円、カッパーが4500円。「Google Home Mini」は、チョーク、チャコール、コーラルの3色で、税別価格は6000円。Google Storeをはじめ、auショップ、ビックカメラ、ヤマダ電機、楽天の店舗やオンラインショップなどで販売する。どちらも予約は10月6日から受けつける。
 

3色のカラーバリエーションを揃える「Google Home Mini」

 ビックカメラでは「Google Home」のある生活を体験できる「スマートホームコーナー」を10月6日から全国10店舗に順次設置する。また、ビックカメラ有楽町店では、発売日から10月9日まで1階店頭で「Google Home タッチ&トライイベント」を開催する。