Androidを牽引するGoogleが開発に関わった、いわばAndroidスマートフォンのリファレンス機となる「Pixel 3」「Pixel 3 XL」。日本でも販売がスタートしました。「Pixel 3」の価格はソフトバンクが販売する機種で9万8400円から。「Pixel 3 XL」は11万9520円から。価格帯も、スペックも、ハイエンドスマートフォンと呼ばれるカテゴリに含まれるモデルです。

11月1日に国内販売を開始する「Pixel 3」「Pixel 3 XL」

 日本発売モデルはFeliCaに対応するなど、日本のユーザー事情に合わせたカスタマイズがされています。OSは最新のAndroid 9 Pieを採用。より洗練されたユーザーインターフェースをもつモデルに仕上がっています。

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の全体像

 「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の共通点からチェックしていきましょう。SoCはQualcomm製のSnapdragon 845。CPUコアはKryo 385 Gold(最大2.5GHz)4コア+Kryo 385 Silver(最大1.6GHz)4コアのオクタコア。GPUコアはAdreno 630で、各社ハイエンドAndroidと同じポテンシャルを持ちます。ストレージは64GBまたは128GBが選択可能。メモリは4GB。詳細は後述しますが、インカメラ、アウトカメラ共に性能は同じです。
 
USB端子はポピュラーになってきたUSB 3.1 Gen.1 Type-C。底面部にはSIMスロットも装備
microSDカードスロットがないため、外周はシンプル。カラバリのClearly Whiteの電源ボタンはライトグリーン、Not Pinkは濃いめのピンクがアクセントに

「Pixel 3」「Pixel 3 XL」の違い

 「Pixel 3」は2160×1080ピクセルの解像度をもつ5.5インチディスプレイを用いたモデルで148g。「Pixel 3 XL」は2960×1440ピクセルの解像度となる6.3インチディスプレイ採用モデルで184gです。画面の大きさの違いによる、2モデル構成となっています。

 極力狭いベゼルを実現するために、「Pixel 3 XL」の上部にはノッチがあります。ソフトウェア的に隠すことが可能です。バッテリーは「Pixel 3」が2915mAh。「Pixel 3 XL」が3430mAh。ボディサイズ差がバッテリー容量の差にもつながっていますね。
 
6.3インチの「Pixel 3 XL」は上部にノッチを採用

高画質でデジタルズームも高品質なリアカメラ

 カメラ性能の重要性が高まってきている現代のスマートフォン。「Pixel 3」「Pixel 3 XL」も、カメラの高性能さを強くアピールしています。画素数は1220万画素ですが、レンズはf1.8とライバル機に負けず劣らずの明るさ。光学式手ぶれ補正機能も備えています。

 またオートフォーカスが速く、近い距離にもピントが合うために広角マクロ的な使い方も可能。シングルカメラゆえに望遠撮影は弱い……と思いきや、デジタルズーム時は高速で撮影した複数枚の画像を重ね合わせてピントのシャープさを維持する超解像技術を用いています。

 デジタルズーム時の画質はいかほどなのが、実際に確認してみました。
 
 
 
 
 

 上から光学1倍、デジタル2倍、3倍、4倍、5倍の画像です。撮影画像をパソコンに転送して大型のディスプレイで確認すると、細部のディティールには甘さが見えます。しかし、スマートフォンのディスプレイで見る限りデジタル3倍、いや4倍くらいでも常用できると感じませんか。

[次のページ]

  • 1
  • 2

次へ