Googleは、自社開発の新型スマートフォン「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」を11月1日に発売する。Google ストアで販売するほか、NTTドコモやソフトバンクも取り扱う。「FeliCa」を備えて「おサイフケータイ」に対応するほか、カメラに映った画像を検索する「Googleレンズ」に対応するなど、基本機能をカバーしつつ、普段の使い勝手にも工夫している。ただ、実はこの2機種、機能がほとんど変わらない。では、何が違うのか。

「Google Pixel 3」(右)と「Google Pixel 3 XL」。
大きな違いは、画面サイズとノッチの有無だ

 結論から言えば違いは、サイズ、解像度、前面のデザイン、ディスプレイ、バッテリー容量、そして価格だ。

 Pixel 3の画面サイズは、5.5インチでFHD+、前面のデザインはフラットで、フレキシブル有機ELを採用している。バッテリー容量は2915mAh。サイズは、高さ7.9×幅68.2×奥行き145.6mm、重さは148g。価格は、64GBが9万5000円、128GBが10万7000円となっている。
 
Pixel 3

 一方、Pixel 3 XLの画面サイズは6.3インチでQHD+、前面にはノッチがある。有機ELディスプレイを搭載しており、バッテリー容量は3430mAh。サイズは、高さ7.9×幅76.7×158.0mmで、重さは184g。価格は、64GBが11万9000円、128GBが13万1000円だ。
 
Pixel 3 XL

 その他のスペックは共通している。プロセッサは、「Qualcomm Snapdragon 845」で、2.5GHz+1.6GHz、64ビットオクタコア。「Titan M セキュリティ モジュール」を搭載。メモリは4GBで、ストレージは先述の通り64GBと128GBの2用意した。
 
Pixel 3のカラーバリエーション

 カメラは、背面が1220万画素で絞り値はf/1.8、視野角は76°、動画は4K画質で30fpsで撮影可能。前面の広角と標準のデュアルカメラは、どちらも800万画素を備える。広角の視野角は97°で、絞り値はf/2.2、標準の視野角は75°で、絞り値はf/1.8としている。
 
Pixel 3 XLのカラーバリエーション

 スピーカーは、デュアル前方放射型ステレオ スピーカーで、従来機種より出力が40%向上した。ポートは「USB Type-C 3.1Gen 1」と「シングルナノ SIM」。カラーは、クリアリー ホワイトとノット ピンク、ジャスト ブラックの3色がある。

 どちらも機能は同じながらも、デザインやサイズ、細かいスペックが異なってくる。大きいノッチが気になるならPixel 3、大型の画面でコンテンツを楽しみたいならPixel 3 XLなど、ユーザーの好みにあわせて選べるはずだ。なお、イヤホンジャックは2機種ともついていないため、付属の「Pixel USB-Cイヤホン」を使うといいだろう。(BCN・南雲 亮平)