11月に発売するGoogleのスマートフォン(スマホ)「Google Pixel 3」「Google Pixel 3 XL」のカメラには、さまざまな機能を盛り込まれている。例えば、人を撮影する際に起きる「目をつむってるから撮り直し」といった事態が防げる機能や、画像認識からの検索機能など、使い勝手だけでなく新たな楽しさも備えている。

AR技術でキャラクターと一緒に撮影もできる

 撮り直しを防ぐ機能は、「トップショット機能」だ。写真と撮ると、シャッターを切る前後の画像をAIが解析し、写っているみんなが目を開いて笑顔でカメラを向いた瞬間を探し、ユーザーに勧める機能。もし、シャッターを押すタイミングがずれても安心だ。また、自動的に複数の画像をHDR+で撮影する。
 
最適な写真をAIが勧める

 セルフィーを撮影する際には、iPhone XSより184%広い画角を持つインカメラが役立つ。広角カメラの視野角は97°。いわゆる「自撮り棒」なしでも複数人を同時に撮影できる広さだ。大人数で撮影した際に生じてしまう端のゆがみを補正する機能も備えているため、画面いっぱいに人が映っても問題ない。

 さらに、遊び心として採り入れたのが「Playround」機能。写真やセルフィー、動画に、好みのスーパーヒーローやアニメのステッカー、キャプションをARで表示して、画面上で遊ぶことができる。そのまま撮影も可能で、SF映画「スター・ウォーズ」や「マーベル・シネマティック・ユニバース」のキャラクターなどと肩を並べて写真が撮れる。
 
一緒に写れるキャラクターはさまざま

 Pixel 3のカメラは、撮影するだけの部品ではない。カメラに映った物の詳細を調べられる「Google レンズ」機能も、新たに日本語に対応した。調べたい物にカメラを向けて、しばらくすると画面に映った対象の上に青いアイコンが現れる。これをタッチすると、検索結果や似たような商品の詳細な情報が調べられる。画像だけでなく、文字やURLなども識別する。
 
画像から検索できる「Google レンズ」が日本語に対応
 
文字の検索にも対応

 撮影した写真は、すべてオリジナルの解像度のままでGoogleフォトに無制限に保存できる。そのまま被写体だけに色を残して背景を白黒にするといった編集もできる。Pixel 3が、スマホカメラの新しい体験をもたらすだろう。