2018年12月6日(木)午後1時39分ごろから午後6時4分までの間、全国でソフトバンクとワイモバイルの4G(LTE)携帯電話サービス、固定電話サービスの「おうちのでんわ」が、利用できない、もしくは利用しづらい状況が発生していたことについて、ソフトバンクとエリクソン・ジャパンは、迷惑をかけたことについてお詫びしている。

ソフトバンクはプレスリリースを発表したことに加えてトップページでお詫び文を掲載
 
エリクソン・ジャパンはプレスリリースでお詫び

 通信障害は、全国をカバーするエリクソン製の交換機ソフトウエアに異常が発生したことによるものとのこと。エリクソンでは、問題のあるソフトウェアの廃棄処理を進めているという。

 ソフトバンクではプレスリリース上で、「お客さまには、多大なるご迷惑とご不便をお掛けしましたことを深くおわび申し上げます。弊社では今回このような事象が発生したことを重く受け止め、再発防止策の徹底を図り、サービスの安定的な運用に向けて全力で取り組んでいきます。」と発表している。大規模な通信障害で被害を被ったユーザーに対して、今後どのように対処するのか、注目したい。