ソニー、裸眼で見える立体映像ディスプレイ 10月31日発売

新製品

2020/10/19 20:00

 ソニーは、高精細の3DCG映像を裸眼で見ることができる空間再現(SR:Spatial Reality)ディスプレイ「ELF-SR1」を10月31日に発売する。価格はオープンで、税別の実勢価格は50万円前後の見込み。

ELF-SR1

 ELF-SR1は、空間そのものをそこに実在しているかのように、目の前に再現するSpatial Reality(スペーシャル・リアリティ)ディスプレイ。独自の技術によって、特別なメガネやヘッドセットなどを使用することなく、裸眼で高精細な3DCG映像が楽しめる。

 高速ビジョンセンサーと視線認識技術を用いて、見る人の目の位置を常に正しく検出し、水平や垂直だけでなく、奥行き方向も左右の目それぞれの位置をリアルタイムに把握する。

 見る人の目の位置情報から、実際にディスプレイパネルから出す光源映像をリアルタイムに生成し、常に両目に正しい視点画像を提示されるため、実際に空間や物体がそこにあるかのように感じられる。
 
使用イメージ
(画面ははめ込み)

 パネルの前面に、独自のマイクロオプティカルレンズを貼り付けることで、リアルタイムに生成した映像を左右の目に届けられ、自然な裸眼立体視を実現している。また、従来の3Dディスプレイと比較して、クロストークを大幅に削減することによって、映像を正しく左右の目に届けられる。

 その他、「ELF-SR1」向けコンテンツの制作を容易にする、専用SDK(ソフトウェア開発キット)を開発者向けサイトにて無償提供することで、制作活動をサポートする。同SDKは、「Unity」と「Unreal Engine 4」に対応しており、クリエイターは既存の3Dコンテンツを「ELF-SR1」に表示できる。

オススメの記事