シャープは、業界最大クラスの120V型8K業務用液晶ディスプレイ「8M-B120C」を9月下旬に発売する。実勢価格は1450万円。受注生産方式をとる。店舗やショールームなどの商業施設におけるデジタルサイネージなどとしての使用を想定している。

シャープが9月下旬に発売する120V型8K液晶ディスプレイ
「8M-B120C」

 ディスプレイは、画面が縦1494.7×横2657.2mm。素材の質感から風景の奥行き感までリアルに映し出すことができるという。液晶テレビ「AQUOS 8K」の開発で培った映像技術によって、フルハイビジョンや4K解像度の映像を8Kの解像度に高精細化して表示することもできる。

 また、HDMI2.1で規定された8K映像入力に対応し、8K 60p/4K 120p映像を出力する機器とHDMIケーブル1本で接続が可能。HDMIケーブル4本で、1系統の8K映像を表示する従来の方式にも対応する。4画面などのマルチ画面表示も可能だ。
 
サイネージなどでの利用を想定している

 想定する使用シーンは、ショールームや商業施設のデジタルサイネージのほか、オフィスでの設計図やデザインレビューなど。このほか、自動車や住宅、家具などの大型製品の図面や映像も、大画面で細部まで確認することができる。絵画や彫刻などの美術品のデジタル展示や、パブリックビューイング用ディスプレイとしても使える。