シャープは9月7日、独自のプラズマクラスター技術による「新型コロナウイルス」の減少効果を新たに実証したと発表した。基礎技術の効果が実証されたことで、今後、一般家庭や医療現場での活躍も期待できる可能性があるという。

独自技術「プラズマクラスター」により新型コロナウイルスの減少効果を実証したシャープ

 シャープの専務執行役員を務める沖津雅浩スマートライフグループ長 兼 Smart Appliances & Solutions 事業本部長は、「プラズマクラスター技術は過去にもコロナウイルス科に属する浮遊ウイルスに対する効果を実証してきた。今回は、市場からの問い合わせが多い、新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の減少効果の実証検討を進めた。その結果、浮遊する新型コロナウイルスの感染性を持つウイルス粒子の数の減少効果を実証した」と検証内容について説明する。

 実証に携わったのは、長崎大学感染症共同研究拠点 安田二朗教授(兼 熱帯医学研究所教授)、同研究拠点 南保明日香教授(日本ウイルス学会理事)、島根大学医学部 吉山裕規教授(日本ウイルス学会理事)。共同でプラズマクラスター技術搭載ウイルス試験装置を作成し、感染症研究で有名な長崎大学の協力のもと、試験を実施した。安田二朗教授は、「ある程度の効果を期待できる感触はあった」と語った。

 試験では、空気中に浮遊する新型コロナウイルスにプラズマクラスターイオンを約30秒照射。その結果、浮遊する新型コロナウイルスの感染性を持つウイルス粒子の数が90%以上減少することが、世界で初めて実証されたという。なお、プラズマクラスターは1立法センチメートルあたり1000万個という高濃度で試験を行った。市販製品でも吹き出し口で100万~200万ほどなので、この結果をそのまま販促に生かすことはないそうだ。

 今後は、新型コロナウイルスについて、より実使用に近い条件での効果検証を行う方針。また、将来的に可能性のある未知のウイルスなどに対しても「専門家とのネットワーク強化」と「デバイス技術の進化」に取り組み、プラズマクラスター技術の効果効能の向上を図る。家庭内や公の場におけるプラズマクラスターの効果的な活用方法についてもあわせて検討・提案していくという。