シャープは、8K放送で採用されている音声フォーマットMPEG-4 AACの「22.2ch音声入力」に業界で初めて対応し、臨場感あふれる立体音響を手軽に楽しめるシアターバーシステム「AQUOSオーディオ(8A-C22CX1)」を8月29日に発売する。液晶テレビ「AQUOS 8K(CX1ライン)」と組み合わせることで、8K放送の22.2ch音声信号を最大限に生かした立体音響が体験できる。


 新製品は、音楽ホールやスタジオなどの建築音響分野で豊富な実績をもつ鹿島建設技術研究所と、音響技術分野で著名な英国サウサンプトン大学音響振動研究所が共同開発した立体音響再生技術「OPSODIS」を採用。視聴者の前方に設置する本機のみで音を全方位に届け、前後・左右・上下の音場を創出する。

 8K放送の22.2ch音声信号だけでなく、地上デジタル放送や4K放送の2ch/5.1ch音声信号などでも、独自の音声処理によって立体音響を実現。全身が音で包み込まれるような体験ができる。また、ドルビーラボラトリーズが開発した立体音響技術「Dolby Atmos」に対応。さらに、3Wayスピーカーシステムと、各スピーカーを独立駆動する6chデジタルアンプを採用したことで、きめ細かな音場再生を実現した。

 AQUOS 8Kのリモコンで操作ができる「AQUOSファミリンク」にも対応している。なお、当初月産台数として500台を予定している。