スマートロボット掃除機の新製品、フラッグシップモデル「ネイト D7」

 ネイトロボティクスは、Wi-Fi対応IoT全自動ロボット掃除機「ネイト Botvac Connected(ボットバック コネクテッド)」シリーズのフラッグシップモデル「ネイト Botvac D7 Connected(D7)」を1月31日から発売している。価格は9万9000円。

ネイト Botvac D7 Connected

 D7は、大きな部屋でも隅々までスマートにマッピングして、強い吸引力で規則正しく、効率的に掃除ができる高性能スマートロボット掃除機。CornerCleverテクノロジーによるDシェイプデザインと掃除機前面に位置する幅広ブラシによって、部屋の壁際や隅の塵、ほこり、毛、アレルゲンを含むハウスダストもしっかりとキレイに掃除する。

 ネイトの特許技術「LaserSmartナビゲーション」によって、暗闇でも複数の部屋にまたがってスマートなマッピングを行い、優れた精度とスピードでD7をナビゲーションすることができる。

 ハードウェアの特徴は、強力な吸引力、アレルゲンカット超高性能フィルター、選べる掃除モード(ターボ/エコ)、SpinFlowパワークリーン対応、改良を加えた最先端のブラシシステムなどが挙げられる。

 ソフトウェア(ネイトアプリ)の特徴については、複数のフロアプラン設定、磁気テープを使用せずにアプリでも設定できる侵入禁止ライン設定、掃除の途中で電池が切れそうになっても残りの掃除面積に必要な容量だけを素早く再充電して待ち時間を短縮できるクイックブースト充電機能、頻繁に掃除したいエリアだけを選んで掃除できるゾーンクリーニング機能、外出先など離れた場所からでも操作ができるリモートコントロール機能、掃除の予約やスケジュール設定などを備えている。

 また、iOSもしくはAndroidのネイトアプリに対応し、スマートフォンタブレット端末を使って簡単に操作することができる。掃除モードの設定、通知、状況確認だけでなく、ロボット掃除機が走行した部屋の地図を見ながら掃除履歴を確認することもできる。Googleアシスタント日本語音声コマンドにも対応したことで、ユーザーのスマートライフをさらに推進する。

 

オススメの記事