• ホーム
  • 業界動向
  • Go To Eat東京が今週スタート! 知っておきたい食事券の購入方法

Go To Eat東京が今週スタート! 知っておきたい食事券の購入方法

販売戦略

2020/11/16 07:00

 「Go To Eat キャンペーン Tokyo」が11月20日に始まる。食事券の販売による実施で、デジタル食事券とアナログ食事券の2種類を用意。始まる前に、購入方法をおさらいしておきたい。

Go To Eat キャンペーン Tokyoが今週から始まる

 アナログ食事券の場合は、スマートフォン(スマホ)から専用フォームにアクセスし申し込むか、専用はがきを送って引換券を用意する必要がある。発行された引換券を食事券の販売場所で掲示すると、アナログ食事券を購入することができる。専用はがきは自治体ごとに設置する予定で、設置場所が決まり次第、公式HPに掲載する。なお、応募の状況によって応募に制限をかける場合があるという。

 引換券の申し込み期間は、スマホの場合が11月19日~2021年1月31日、はがきの場合が11月19日~21年1月8日必着。販売期間は、11月20日~21年1月31日。利用期間は、11月20日~21年3月31日だ。販売額は1万円で、1000円券×10枚+500円券×5枚の計1万2500円分の食事券として利用が可能。1回の購入当たり2セットまで購入できる。販売予定数は、300万セットとしている。

 購入できる場所は、なんでも酒やカクヤス(東京、神奈川県内の各店舗での対面販売と宅配販売)・KY リカー、ビックカメラ(一部店舗を除く都内店舗)・コジマ×ビックカメラ(都内全店舗)、東横 INN(一部店舗)、びゅうプラザ(首都圏の一部店舗)・JR 東日本訪日旅行センター(首都圏の一部店舗)、マルイ/丸井(一部店舗)、JTB 店舗(一部店舗)、東急ホテルズ(一部店舗)、七島信用組合(一部店舗)、JR 東日本ホテルズ(一部店舗)、成城石井(一部店舗)、相鉄ホテルグループ(一部店舗)、グランデュオ、ホテルニューオータニ(東京)、ホテルシーサイド江戸川、ホテルイルフィオーレ葛西、ホテルイースト 21 東京、墨田区観光協会(東京ソラマチ内)、ハードオフ多摩ニュータウン店、竹芝客船ターミナル内売店(ショップ竹芝)、その他都内金融機関(予定)、その他商業施設・ホテル内の特設販売窓口(予定)、その他観光協会等の特設販売窓口(一部施設)など。

 デジタル食事券は、抽選で販売する。Yahoo! JAPANのデジタルチケット販売サービス「PassMarket(パスマーケット)」から申し込みが可能。当選した場合にのみ送付される購入案内メールから、購入することができる。

 抽選には、Yahoo! JAPAN IDが必須。パスマーケットの特設ページから「Go To Eat キャンペーン Tokyo デジタル食事券」に進み、購入抽選を申し込む。当選したら、別途、送られてくる購入案内メールに記載されているURLをクリックし、購入に進む。支払いは、クレジットカードもしくはPayPay残高に対応。利用時は、パスマーケットのMyページもしくは購入完了メールからデジタル食事券が表示できる。

 一次抽選の申し込み期間は11月20~24日。一次販売期間は11月27日~12月4日。二次抽選申し込み以降の詳細については、公式HPで発表する。利用期間は20年11月27日~21年3月31日。パスマーケットの特設ページは、11月20日に公開される予定だ。販売額は8000円で、1000円券×10枚の計1万円分の食事券として利用できる。1回の購入で2セットまで購入が可能。販売予定数は、125万セットとしている。デジタル食事券はスマホからのみ利用することができる。

オススメの記事