• ホーム
  • トレンド
  • キヤノン、カラビナ型カメラ「iNSPiC REC」が「アジアデザイン賞」で銅賞

キヤノン、カラビナ型カメラ「iNSPiC REC」が「アジアデザイン賞」で銅賞

販売戦略

2020/11/04 18:00

 キヤノンは、同社の新コンセプトカメラ「iNSPiC REC」が香港デザインセンター主催の「2020年アジアデザイン賞(DFA Design for Asia Awards 2020)」で銅賞を受賞した。

「2020年アジアデザイン賞」の銅賞を受賞した「iNSPiC REC

 iNSPiC RECは、カラビナデザインの携帯性に優れた小型軽量のコンパクトデジタルカメラ。防水性能・耐衝撃性能を備えており、普段使いからアウトドアまで、さまざまなシチュエーションで、気軽に持ち運んで撮影を楽しめる。

 アジアデザイン賞は、香港デザインセンターの主催による2003年創設のデザイン賞。アジア市場におけるデザインの成功や、持続可能で質の高い生活に不可欠な要素としての優れたデザインの価値について、ビジネス賞および一般の意識を高めることを目的としている。

 キヤノンは、2013年から同賞への応募を開始し、これまで映像制作機器「CINEMA EOS SYSTEM」、ビデオカメラ、カメラ、交換レンズといった製品での受賞歴がある。

オススメの記事