ビックカメラのECサイト「ビックカメラ.com」で、キヤノンの新コンセプトカメラとして話題になったカラビナ型ウェアラブルカメラ「iNSPiC REC」の発売予定日が明らかになった。同サイトでは、現在は予約受付中だが、メーカー発売予定日は2019年12月20日、税込価格は1万5180円としている。

キヤノンのカラビナ型カメラが12月20日に販売を開始

 iNSPiC RECは、防水、防じん、耐衝撃を備えたウェアラブルカメラ。重さはわずか90gで、スマホを持ち込むのに躊躇するような場面でも活躍する。写真のほか、動画も撮影可能。撮影したデータはmicroSDに記録し、スマホアプリと連携させることで確認することができる。
 
iNSPiC RECの特徴

 カラビナは、キーホルダーのように身に着けるために使うほか、ファインダー代わりとして使用する。液晶ディスプレイをあえて搭載しないことで、“撮れ高”を気にする煩わしさや耐久性、低コストを実現した。着せ替えるためのフェイスジャケットも別売(3枚セットで税込2170円)で販売する。
 
カラビナ部分をファインダー代わりに使うことができる

 本体の色は、グリーン、ピンク、ブルー、グレーの4色。クラウドファンディングサイト「Makuake(マクアケ)」での先行販売は即日完売するほどの人気ぶりだった。