アイリスオーヤマは4月22日、政府の要請に対応するために6月稼働予定の角田工場(宮城県)のマスク生産能力を当初の月産6000万枚から倍以上の1億5000万枚に増強すると発表した。中国の大連工場と蘇州工場の月産8000万枚と合わせて月産2億3000万枚の供給体制が整うことになる。

月産2億3000万枚の供給体制を整えるアイリスオーヤマ

 生産するマスクは不織布マスクで、政府の「国内投資促進事業費補助金」を活用して約30億円を国内の生産設備に投資する。

 また、中国でマスクの重要資材である不織布(メルトブロー、スパンボンド)の価格が高騰していることから、角田工場内で資材を製造する設備も新たに導入する。内製化率を高めて、中国一国に依存する供給体制を見直す。新たな増強体制の稼働時期は7月で、新規雇用人数は100人とする。