ソフトバンクの子会社SBエンジニアリングとジョルダンは、ヤフーが運営するオンラインショッピングモール「Yahoo!ショッピング」の取扱商品などを手に取って体感しながら購入できる次世代型店舗「QRECS(Quick and Real EC Shopping、キュレックス)」を共同開発し、設置する施設と出店希望ストアの申込受付を開始した。

次世代型店舗「QRECS」のイメージ

 QRECSは商業施設や鉄道の駅構内、駅ビルなどへの設置を想定しており、商品棚とデジタルサイネージを併設し、ネット(オンラインショッピング)とリアル店舗の融合を目指す。オンラインショッピング限定の商品であっても、サイズや素材などを実際に体感しながら買い物ができるほか、地方の名産品や旬のものなど、リアル店舗には在庫がない商品も購入可能。購入した商品は指定した場所へ配送されるため、持ち帰りが難しい大きな商品や重い商品でも気軽に購入できる。
 
設置店舗のイメージ

 商品棚は、仕切りのあるタイプやハンガーラックタイプなどさまざまな種類に対応しており、サイズもスペースに応じて柔軟に用意する。
 
買い物の手順

 購入には、購入者情報や配送先、決済情報などの入力が必要。「Yahoo!ショッピング」や「PayPayモール」で販売されている商品を購入する場合は、Yahoo! JAPAN IDの連携が可能となる。
 
デジタルサイネージのイメージ

 QRECSへの出店は月単位のため、期間限定のポップアップショップの出店やテストマーケティングとしても活用できる。

 ジョルダンは、サービス提供や運用・管理、設置オーナーと出店ストアの問い合わせサポートを担う。今後は多言語対応の他、「QRECS」にAI(人工知能)を活用したカメラを設置して通過・滞留人数やサイネージの閲覧数、ユーザーの属性などを計測・分析し、表示内容や出店料の検討の参考にするなど、ユーザーや設置オーナー、出店者にとってより利便性の高いサービスの実現に向けて取り組んでいく。