蔦屋家電エンタープライズは2019年4月に、日本初のネット時代の次世代型ショールーム「蔦屋家電+(ツタヤカデンプラス)」を、二子玉川 蔦屋家電内にオープンする。

「蔦屋家電+」の外観イメージ

 世界中のユニークなプロダクトに実際に触れることができ、個人やスタートアップなど、多様化する創り手とのコミュニケーションを通じてユーザーの製品開発への参加を可能にする、ショールーム型の次世代店舗。

 来店客は、最新のテクノロジーを駆使した家電製品、日用品、食品などのほか、発売前の最新プロダクトに触れることができる。また、創り手のプロフィールや製品に込めた思い、デザインのコンセプトといった、普段は触れることが難しいリアルな情報を、キュレーター独自の目線で編集、紹介していく。

AIが来店者の行動を分析、「体験」と創り手との「つながり」を提供

 ショールーム内では、オプティムが開発したAIカメラによる分析システムを応用した「OPTiM AI Camera for Retail CE」を利用して、来店客の属性と行動データを、リアルタイムに、個人の特定が不可能なかたちに変換・収集し、創り手へフィードバックする。また、展示している製品への質問や要望など、来店客からの意見を集約し、創り手に届ける。
 
AIカメラを活用した行動分析と創り手へのフィードバックの仕組み

 なお、来店客のプライバシー保護に万全を期すため、入り口にはカメラ画像・行動データの取り扱いに関する案内を掲載する。