MMD研究所は、スマートフォン(スマホ)を所有している20~69歳の男女887人を対象に「2019年2月 QRコード決済サービスの利用に関する調査」を実施した。期間は1月8~1月10日。


 QRコード決済サービスの利用状況を聞いたところ、「現在利用している」との回答が最も多かったのは「楽天ペイ」(9.4%)、「PayPay」(8.1%)、「LINE Pay」(7.9%)と続いた。「楽天ペイ」を「現在利用している」との回答を男女別でみると、男性で11.6%、女性で7.0%とのことだ。名前のみを知っているなど、各サービスの認知度は、トップが「LINE Pay」で86.8%、次いで「PayPay」が86.4%、「楽天ペイ」が79.0%という。

 「現在利用している」との回答者(188人)を対象にQRコード決済サービスを利用する理由について聞いたところ(複数回答可)、トップが「ポイントがたくさん貯まるから」(39.4%)、次いで「会計がスピーディーに終わるから」(31.9%)、「キャンペーンを知って興味を持ったから」(26.6%)とのことだ。