• ホーム
  • ライフスタイル
  • パナソニックの「スチームオーブンレンジ ビストロ」で寒い冬に熱々の料理を 年末までお得なキャンペーンも実施中!

パナソニックの「スチームオーブンレンジ ビストロ」で寒い冬に熱々の料理を 年末までお得なキャンペーンも実施中!

新製品

2022/11/25 11:00

 パナソニックは「スチームオーブンレンジ ビストロ」のキャッシュバックキャンペーンを年末まで開催している。対象4モデルの購入で最大1万円が返ってくる。対象モデルで2022年8月に発売された最上位機種「NE-UBS10A」は、多彩な調理方法に対応した高性能モデルだ。

1台で焼く、煮る、揚げる、蒸すが自由自在の「NE-UBS10A

ヒートグリル皿に載る食材を下から最高230℃で加熱

 まだ確定ではないものの今年の冬は寒くなりそうだ。寒い冬には温かい料理が食べたくなるものだが、毎日鍋では飽きてしまう。いろいろな温かい料理を手間なく早く、おいしく食べたい。そんな要望に応えるのが、パナソニックの「スチームオーブンレンジ ビストロNE-UBS10A」といえる。

 NE-UBS10Aは最高230℃まで上昇する独自のヒートグリル皿と大火力極め焼きヒーターで、食材を裏返さずに両面を焼き上げる。スチーム機能を使えば蒸し物や蒸し焼きも時短で調理。ワンボウルメニューや煮物も手間なしでできあがる。

 ワンボウルメニューとは、食材と調味料を耐熱ガラス製のボウルに入れた調理メニューのこと。調理といっても操作パネルの「ワンボウルおすすめ」からメニューを選ぶだけ。最近、人気のエスニック料理も8メニューあり、いろいろな料理を楽しみたい人におすすめのメニューだ。
 
食材の上下から大火力で両面焼き上げ(左)、
高温スチームとヒートグリル皿で蒸し焼きも上はふっくら、下はこんがり(右)
 
冷凍ぎょうざもグリル料理も簡単手軽でおいしく仕上げる

2品同時あたためと2品同時調理は時短で手間なし

 温度設定や加熱時間の設定は不要。高精細・64眼スピードセンサーが食材の分量や温度を瞬時に見極め、加熱を自動でコントロールするから、冷凍ごはんと冷めたおかずの同時あたためができる。また、ヒートグリル皿を使って上段で“焼く”“揚げる”の料理と、下段で64眼スピードセンサーにより上手に火加減を調整する“煮る”料理とを、同時に自動で仕上げる2品同時調理も便利だ。

 同時調理や同時あたためは2品を時短で仕上げるので、忙しいときや帰宅が遅くなったときでも慌てて調理しなくてもよい便利な機能だ。同時あたためはあたためボタンを押すだけ、2品同時調理も自動メニューから選ぶだけの簡単操作で素早く調理する。
 
高精細・64眼スピードセンサーは食材が常温か冷凍かも判別し、
ほったらかし調理が可能

スマホ連携で毎日の献立から食材管理もできる

 毎日の献立で悩んでいる人は少なくないだろう。スマホでキッチンポケットアプリとNE-UBS10Aを連携すると、この悩みが解消する。ビストロで調理できるメニューが今日のおすすめとして毎日更新され、メニューを本体に送信すれば温度や時間の設定がいらず自動調理ができる。つまり、メニューが増えていくわけだ。

食材やジャンルからメニューを検索したり、買い物リストを使って食材管理もできるので、スマホと連携して使いこなすと毎日の食事づくりがラクになる。
 
アプリで見つけた新しいメニューを本体に送信すればメニューが増やせる

 あたためや解凍から各種の調理方法を搭載したパナソニックのNE-UBS10Aは、温かい料理を手軽で簡単、スピーディーにつくりたいという人におすすめのオーブンレンジ。毎日、熱々の料理で寒い冬を楽しく過ごしたい。

 同社ではNE-UBS10Aをはじめとするスチームオーブンレンジ ビストロシリーズの4モデルを対象に最大1万円のキャッシュバックキャンペーンを展開中。応募に必要なのは保証書とレシートで、購入期限は12月31日、応募期限は2023年1月20日だ。

 また、NE-UBS10AとNE-UBS5Aを購入後、キッチンポケットアプリをダウンロードして、CLUB PanasonicのIDとパスワードで家電登録をすると、もれなくガラス製耐熱容器4点セットをプレゼントするキャンペーンも実施中だ。詳細は同社のホームページに記載されている。

オススメの記事