「たこ焼きプレート」付きデイリーコンパクトプレート、9月1日発売

新製品

2022/08/03 19:30

 象印マホービンは、ホームパーティーなどの特別な日だけではなく、「毎日の料理がもっと楽しみになる。」というコンセプトのもと設計された「デイリーコンパクトプレート」(EX-AJ30型)を9月1日に発売する。

「デイリーコンパクトプレート」(EX-AJ30型)

 新製品は、世帯人数の減少や共働き世帯の増加などを背景に、現代のライフスタイルに合わせ、キッチンや食卓などで出しっぱなしでも気にならないようなインテリアになじむデザインと、置き場所に困らないコンパクトなサイズ感に仕上げた。また、朝、昼、晩のシーンを問わず毎日の料理に活躍できるよう、3種類のプレートを付属している。

 ほどよく重たいアルミダイキャストのふたがウォーターシールを形成。プレート内の気密性を高める。また、ふた裏面のリブ構造が食材から出た水分をプレート全体にしずくとして効率よく還元。少ない水分で調理ができるので、食材本来のうまみと栄養が凝縮されたおいしい料理を楽しめる。
 
無水調理のイメージ(左)とふた裏面のリブ構造

 付属の「深なべ」プレートは、5.5cmの深さがあり、鍋料理や煮込み料理など、幅広い調理に活用することができる。満水容量は3.1Lとなる。

 「平面プレート」は、丈夫で長持ち、3層構造の傷つきにくい「遠赤トリプルチタンセラミックコート」を採用。金属ヘラも使える。また、プレート表面は油なじみの良い凹凸のダイヤカットディンプル仕上げのため、こげつきにくく、手軽に調理できる。

 「たこ焼きプレート」は、直径40㎜のたこ焼きを24個焼くことが可能。外はカリッと、中はトロリとしたたこ焼きが焼き上がる。また、穴からあふれた材料も丸めて作りやすいよう、区切り線がついている。
 
各プレートの使用イメージ (左から)深なべ(ミルフィーユ鍋)、
平面プレート(パエリア)、たこ焼きプレート(キッシュ)

 WARM、LOW、MED、HIに設定できる「火力調節ダイヤル」を搭載。プレート側面、四隅まで熱を伝え、焼きムラを抑える「波型3往復ヒーター」により、四隅のたこ焼きもしっかり焼き上げる。

 本体ガードは取りはずせるため、気になる油汚れも丸洗いできる。また、本体ガードがプレート面より高く設計された構造で、熱いプレートのふちに手が触れにくい安心設計とした。

 長くて便利な2.5mコードを採用。十分な長さがあるため、キッチンや食卓でも、“届かない”といったストレスなく使うことができる。マグネットプラグなので、調理中に万が一引っかかっても簡単にはずれる。また、プレートをセットしなければ通電しない安全機構となっている。

 プレートを3枚重ねた時の外形寸法は、幅35.5×奥行26×深さ20.5cm。価格はオープン。

オススメの記事