処理性能は現行品の約3倍! ハイスペックAndroid 10.0タブレット端末

 FFF SMART LIFE CONNECTEDは、IRIEタブレットシリーズから新たにハイスペックモデル「FFF-TAB10H」を3月11日に発売する。発売記念として、通常価格4万7800円から8000円引きの3万9800円で限定販売する。

FFF-TAB10H

 FFF-TAB10Hは、Android 10.0の10.1インチ型タブレットで、CPUにMedia Tek製MT8788を搭載している。MT8788は、Media Tekのハイレンジシリーズ「HelioシリーズP60」相当のスペックで、64ビットのオクタコア仕様となっている。同社現行品のFFF-TAB10の約3倍(AnTuTuベンチマーク比)の演算能力を有しており、これまで以上に快適なタブレットとしてストレスなく使うことができる。

 メインメモリ6GBで、内蔵ストレージは128GBを搭載。フルハイビジョンIPSパネルで10点タッチに対応、フロントカメラは500万画素、リアカメラは800万画素となっている。無線LANも2.4GHz帯、5.0GHz帯に対応し、BluetoothやGPS、マイクロSDカードスロットを搭載している。

 きょう体は高級感のあるアルミニウムボディとなっており、充電とデータ用の端子はUSBタイプCを採用している。

オススメの記事