ソフトバンク、5G対応データ通信専用50GBプラン、3月17日に提供

 ソフトバンクは、4G/5G共通料金プランのオンライン専用ブランド「LINEMO(ラインモ)」のサービス開始日と同じ3月17日に、ソフトバンクの4G/5G共通の新料金プランとして「データ通信専用50GBプラン」の提供を開始する。

新料金プランの詳細

 データ通信専用50GBプランは、「基本プラン(データ)」(980円)と新たに提供するデータ容量50GBのプラン「データプラン50GB(データ通信)」(3820円)の総称で、月額4800円(税別)で毎月50GBまで使い放題できる。50GBを超過した場合、請求月末まで通信速度を送受信時最大128kbpsに制限するが、追加チャージの購入で速度制限は解除される。
 
2020年3月に開始した5Gサービス

 iPad Wi-Fi + CellularモデルをはじめとするSIMフリーの通信機能付きタブレットノートPCや、音声通話はメッセージアプリのLINEやFaceTime、Facebook Messengerしか利用しない場合に適したプランとなる。なお、「新みんな家族割」の割引・回線数カウントの対象外。また、SMSや海外での利用分などは対象外となる。

 ソフトバンクは、今夏以降にソフトバンク・ワイモバイル・LINEMOのブランド間の乗り換え時におけるSIMロック解除を不要にすることや契約手続きの簡素化を行う予定。ソフトバンク回線を利用した多様なサービス・プランから、自由に選べる・試せる環境を整える。20年3月に開始し、今年エリア展開を本格化する5G、その先の6Gにも積極的に投資していく。

オススメの記事