パナソニック、モバイルPC「Let's note」の個人店頭向け秋冬モデル

新製品

2020/09/30 20:00

 パナソニックは、モバイルPC「Let's note(レッツノート)」の個人店頭向け「LV9」「SV9」「QV9」「RZ8」シリーズの20年秋冬モデルを10月16日に発売する。


 LV9、SV9、QV9シリーズは、第10世代インテルCoreプロセッサーを搭載し、その高性能と操作性で、モバイルワークにも、デスクワークにもフル活用できる。秋冬モデルでは、テレワーク需要の高まりに合わせて、テレワーク推奨モデルや小型のACアダプタ(USB Power Delivery対応・別売オプション)を用意し、快適なテレワークを支援する。また、レッツノートを自社一貫生産するパナソニック神戸工場が竣工30周年を迎えたことを記念し、神戸工場をバーチャル体験できるコンテンツも用意した。

 オフィスでも自宅でも快適に使えるテレワーク推奨モデル(SV9シリーズ「CF-SV9ADPQR」)は、軽量約929gの持ち運びしやすいドライブレスモデルで、オフィスと自宅用に据置できるACアダプタを2個付属している。通常1年保証のところを3年延長した安心の4年間保証を提供する。

 また今回、別売りオプションとして、ユニークなレッツノート風デザインの小型ACアダプタ(USB Power Delivery対応)を11月に発売する。名刺ケース程度の小型サイズで約140g(本体)、最大出力は65W。ノートPCを使用しながらバッテリへの充電が可能(QV9/SV9/LV9のみ)となる。

 LV9、SV9、QV9シリーズのCPUには、第10世代インテルCoreプロセッサー・ファミリーを搭載。さらに、独自の放熱設計とプロセッサー制御ソフトのチューニングで、CPUのパフォーマンスを長く維持するパナソニックのテクノロジー「Maxperformer(マックスパフォーマー)」を備えている。軽量・コンパクトボディ、豊富なインターフェース、長時間駆動、優れた操作性によって、テレワークも快適に行うことができる。

オススメの記事