パナソニックシステムソリューションズジャパンと日本航空(JAL)は、非接触・非対面でも高品質な接客を実現するため、パナソニックが提供するアバター式リモート案内サービスを用いた共同実証実験を開始すると9月8日に発表した。

搭乗ゲートにおけるアバターによる案内イメージ

 実験では、顧客から離れた場所にいる係員がディスプレイ上のアバターを通じて出発ロビーや搭乗口で案内を実施する。
 
アバターを操作する係員のイメージ(左)と、実証実験端末

 アバターは、操作を行っている係員の表情を認識・反映するので、リモートによる非接触・非対面ながら、表情豊かで対面に近い案内を可能にしている。また、定型登録された係員の案内時における動作や、搭乗順パネルの提示などを組み合わせることで、分かりやすい案内を実現する。

 実験は、9月14~25日の期間に羽田空港第1旅客ターミナルビル内JAL国内線搭乗口の一部、航空券予約・購入・変更カウンター(40番)で行われる。アバターの台数は4台。