米Amazonは、ストリーミングデバイス「Fire TV」シリーズの新製品として、新しい「Amazon Fire TV Stick」を9月25日に発表した。Amazon.co.jpですでに予約受付を開始しており、9月30日の出荷を予定している。税込み価格は4980円。

性能を大幅に向上した新「Amazon Fire TV Stick」

 新しいAmazon Fire TV Stickは、クアッドコアCPUを搭載し、従来機種と比較して50%の性能向上を実現した一方で、消費電力を半分に抑えた。

 HDRに対応し、1080p/60fpsのストリーミングに加えて、音声はDolby Atmosに対応し、臨場感あふれる映像を楽しめる。また、5GHzネットワークに対応したデュアルバンドとデュアルアンテナの無線LANチップを備えているので、安定したストリーミングが可能で、不意のネットワーク切断を防ぐ。

 付属リモコンは、電源、音量、ミュートボタンを搭載し、対応するテレビやサウンドバー、AVアンプを操作できる。

 その他、ユーザーインターフェースもアップデートされ、より直感的でシンプルな操作と、ユーザーごとのカスタマイズを可能にする。画面中央にメインメニューを配置し、お気に入りのアプリやチャンネルといった、よく使うサービスを素早く呼び出せる。また、その場でのストリーミングサービスの直接起動や、対応アプリにカーソルを合わせるだけの提供コンテンツ確認や再生、カテゴリ単位での検索、ジャンル別での閲覧などに対応している。

 ほかにも、新ユーザーインターフェースにはユーザープロフィール機能を用意し、おすすめコンテンツや視聴履歴・ウォッチリストの管理などを、最大6人までユーザーごとにパーソナライズできる。なお、プロフィールはメインメニューか、Amazon Alexaに話しかけることで切り替えられる。
 
年内の提供予定を予定している
「Fire TV」新ユーザーインターフェースのイメージ

 なお、「Fire TV」の新しいユーザーインターフェースは、年内の提供開始を予定している。