空気清浄機や加湿器などの開発を手がけるカドーは、新たに除菌脱臭機「SAP(サップ)」を8月10日に発売する。価格は3万9800円。

除菌脱臭機「SAP」

 新製品は、臭いの原因を分解・脱臭するために独自の触媒オゾン方式を採用。オゾンの酸化作用と触媒によって臭いの原因を分解し、元から脱臭する。さらに、低濃度オゾンを放出し、室内に染みついた臭いも脱臭する。

 特に、アンモニア(屎尿のニオイ)やメチルメルカプタン(腐った玉ねぎのニオイ)、トリメチルアミン(魚が腐ったようなニオイ)、硫化水素(腐った卵のニオイ)に効果の高い金属触媒を採用しており、生活4大悪臭をスピード分解・脱臭することができる。

 触媒を「再生エリア」と「脱臭エリア」に分け、シームレスに運転。定期的に二つのエリアを回転させ加熱することで、触媒表面に残ったニオイを分解、脱臭する力を再生するため、フィルター交換不要となっている。なお、プレフィルターは定期的な手入れが必要となる。

 浮遊菌の除菌性能については、25平米の空間で急速モード運転時、120分で99.9%以上、180分で99.9%除去を実現している。

 トイレなど、24時間、臭いが気になるわけではないスペースでは、運転モードを「人感センサー」にすると、人を検知した際に自動で風量を強にすることが可能。無人判定の5分後、部屋の状態に合わせて「オートモード」に切り替わる。

 外装は、ステンレスと抗菌樹脂製。臭いのある場所に置くからこそ、ニオイのつきづらい素材を採用した。運びやすくコンパクトなデザインに加え、丸みあるシルエットで空間に柔らかな印象を与える。

 操作ボタンは、電源とライト切替の二つのみ。電源ボタンをタッチするたびにオート/人感センサー連動/急速/ナイトの四つのモードに切り替えることが可能。3段階のLEDライトを内蔵しているため、ベッドサイドやサニタリースペースの照明としても使用することができる。