アイリスオーヤマは、小型ファンにより内部に外気を取り入れる服「クールウェア」を6月15日に発売すると発表した。近年の猛暑対策グッズとして、全国のホームセンターやECを中心に販売する。初年度累計10万着の出荷を目指す。

アイリスオーヤマが6月15日に発売するファン付きウェア「クールウェア」

 近年、ファン付きのウェアは熱中症対策として、作業現場を中心にスポーツレジャー、園芸など一般のユーザーにも注目されている。「クールウェア」は、累計販売台数700万着超えの実績を持つアイリスオーヤマの「サーキュレーター」の設計技術を活用した小型ファンを搭載している。駆動音を抑えつつ、大量の風を服の中に送り込むことができる。
 
ベストタイプも販売する

 また、ファンの厚みを抑えたスリム設計で体にファンが触れにくく、違和感なく着用することができる。ファンが目立ちにくい配色にするなど、デザイン性にもこだわっている。作業現場だけではなく、日常のさまざまなシーンで着用することができる。
 
バッテリ上部に操作ボタンを搭載している

 風量は4段階に調節可能。使用可能時間は、風量4だと約8時間、風量3だと約12時間、風量2だと約15時間、風量1だと約35時間。サイズはM・L・LLで、カラーはグレー、ネイビー、迷彩。ファンは腰の背面に左右に搭載されており、重さは一つ117g。長袖(税別4980円)とベストタイプ(税別4380円)の2種類を用意した。ファンは2780円、バッテリは1万800円。また、使用時間は短いがグレーのセット販売のみの廉価版は1万800円。