ハクバ写真産業は、スペース効率を追求した超望遠レンズ対応カメラバッグ「GW-PRO RED レンズバックパック 02」2色(カモ/ブラック)を5月22日に発売した。税別価格は5万6000円。

GW-PRO RED レンズバックパック 02

 新製品は、徹底したスペースの有効活用によってスリム化するとともに、アウトドアや街中でも使いやすい機動性に優れたデザインを実現したレンズバックパック。セイルクロス(ヨットの帆)でシェア世界一のDIMENSION-POLYANTが開発した強度・軽さ・防水性を兼ね備えた高性能素材X-Pacを採用している。

 600mm F4.0超望遠レンズとテレコンバーター2×を装着したプロ用一眼レフカメラ(フード逆付)をそのまま収納可能。背面には、小型のタブレットPCや小物の収納に便利なポケットを装備している。

 従来の超望遠レンズ用カメラバッグで課題となっていたバッグ内部のデッドスペースを生かした革新的な側面収納部を備えており、ポーチに入れた交換レンズ、カメラボディなどを収納できる。

 本体天面、両サイド、ショルダーハーネスにポケットを装備。三脚はフロント固定と、サイド固定を選ぶことができる。歩行時の揺れで緩まないDURAFLEX製ロック付きバックルを採用している。

 日本人体形にフィットするハーネスとエアベンチレーション機能によって、快適に装着が可能。硬質のクッションを採用したハンドルは、重い機材重量をしっかりと支えることができる。また、突然の雨や汚れから機材を守る耐水圧1500mmの高性能レインカバーを付属。底面には防汚・防水性に優れたターポリン素材を採用し、底が地面に接するのを軽減する底脚を備えている。

 高性能素材X-Pacのほか、耐久性に優れた700Dナイロン・YKK製ファスナー・DURAFLEX製パーツ、グローブ装着時にも操作しやすいGW-PRO専用設計のU字型引手などを採用している。