ソフトバンクは3月27日、高速・大容量、低遅延の通信が可能な第5世代移動通信システム(5G)の商用サービス「SoftBank 5G」の提供を開始する。

3月27日に5G商用サービスをスタートするソフトバンク

 現在、契約している対象料金プランの月額に加えて「5G基本料」(月額税別1000円)に加入することで、対応したスマートフォン(スマホ)から5Gサービスを利用することができる。対応する料金プランは、「メリハリプラン」「ミニフィットプラン」「スマホデビュープラン」「データシェアプラン」の四つ。8月31日までに申し込めば、2年間無料で5Gを利用できる「5G無料キャンペーン」を実施する。
 
ソフトバンクの5G料金プラン

 ソフトバンクが展開する5G対応スマートフォンは、「AQUOS R5G」「ZTE Axon 10 Pro 5G」「LG V60 ThinQ 5G」「OPPO Reno3 5G」の4機種。3月27日の5Gサービス開始当初から販売するのは、AQUOS R5GとZTE Axon 10 Pro 5Gだ。そのほか2機種は4月下旬以降に発売する。
 
ソフトバンクが取り扱う5G対応スマートフォン

 AQUOS R5Gは、スマホ「AQUOS」シリーズ最大の約6.5インチ「Pro IGZOディスプレイ」を搭載し、8K動画の撮影も可能なハイエンドモデル。ZTE Axon 10 Pro 5Gは、約6.4インチの有機ELディスプレイを搭載した端末だ。