楽天モバイルは、世界初の仮想化ネットワークを利用した携帯キャリア事業を4月8日に開始する。3月3日の「楽天モバイル プレスカンファレンス」で発表した。料金プランは、楽天の独自回線を利用する限り、通信容量無制限で月額2980円(税別)の「Rakuten UN-LIMIT」のみ。300万人限定で1年間月額無料で提供する。予定通り始まれば、au、ソフトバンク、ドコモに続き、第4のキャリア誕生だ。

「楽天モバイル プレスカンファレンス」に登壇した
三木谷浩史代表取締役会長兼社長

 発表会に登壇した三木谷浩史会長兼社長は、「完全仮想化したモバイルネットワークは世界初で、世界中で驚かれている」と述べ、注目を集めていた料金プランについては「衝撃的な価格」と自信を示した。

 Rakuten UN-LIMITは、楽天回線エリア内なら完全データ使い放題で月額2980円(税込み)の料金プラン。KDDIのローミングエリアと海外(66の国と地域)では、データ容量2GBまで通常の速度で通信が可能。以降は最大128Kbpsの通信になるが、1GB500円でデータ容量を追加で購入することができる。
楽天モバイルのキャリア事業の料金プラン
「Rakuten UN-LIMIT」

 通話は、コミュニケーションアプリ「Rakuten Link」を利用すれば、かけ放題でSMSが国内・海外使い放題。国内/海外から海外へ通話するときは980円/月かかる。申し込み時に3300円(税込み)の事務手数料が発生するが、Rakuten Linkを利用することで、全額ポイント還元する。また、6月30日までにオンラインから申し込めば、3000ポイントが追加で付与される。

 同社のキャリア事業は、基地局設置の遅れによって、本格スタートが後ろ倒しになっていた。当初、キャリア事業開始とされていた19年10月には、同社独自のモバイル通信回線が先行体験できる「無料サポータープログラム」を5000人に展開。20年2月には2万人に拡大し、広くユーザーの声を集めていた。

 現在は、3月に当初の計画だった3432カ所を大きく上回る4400カ所以上になる見込み。パートナーであるKDDIのローミングを含めて全国をカバーするに至っているという。

 3月3日16時からネット上で、3月4日から店頭受付で先行申込を開始し、4月8日にサービスをスタート。6月に商用5Gサービスを展開し、21年3月に全都道府県で5Gサービスの運用を開始する予定だ。