楽天は1月23日、キャリア事業を2020年4月に本格スタートすると発表した。これに向けて、10月に開始した5000人限定の先行体験施策「無料サポータープログラム」の対象人数を先着で最大2万人に拡大。同日から2次募集を開始する。前回申し込んだユーザーについては、希望があれば申し込むことができるという。端末のラインアップには「Rakuten Mini」を追加する。

楽天モバイルは4月にMNOサービスを本格開始する

 1月23日、東京・恵比寿にオープンした「楽天モバイル 恵比寿店」で開催された記者会見で、同社の山田善久代表取締役社長は、「屋外基地局開設数(4G)は1月現在までに3000局以上になっている。3月までの認定計画値を上回る見込み」と進捗状況を説明。2次募集をかける理由については、「より多くの人に楽天のネットワークを使ってもらいたい」と語り、より多くのユーザーの声を集める狙いだ。
 
基地局の進捗状況

 2次募集の申込期間は1月23日~2月3日。募集人数に達し次第、受付は終了する。対象者は東京23区、大阪市、名古屋市、神戸市在住の満18歳以上。新規契約とMNPのどちらも受け付ける。申込場所は、前回のWebに加え、楽天モバイルショップ6店舗。利用条件は「楽天Link」を利用すること。利用者の特典として、対象商品を購入すると1万8000ポイント、アンケート回答などで月々1000ポイントをプレゼントする。
 
「無料サポータープログラム」2次募集の概要

 2次募集では、楽天モバイル初のオリジナルスマートフォン「Rakuten Mini」をラインアップに追加する。端末の重さは79gと、おサイフケータイ対応(FeliCa搭載)スマホでは最軽量。eSIMに対応する。税込価格は2万1800円。
 
1月23日から「無料サポータープログラム」2次募集の参加者向けに「Rakuten Mini」を発売する

 無料サポータープログラムを受け付ける6店舗は、恵比寿店、渋谷公園通り店、池袋東口店、名古屋栄店、心斎橋店、神戸三宮店。

 楽天Linkは、国際的な技術規格であるリッチコミュニケーションサービスに準拠した楽天モバイル自社開発の電話アプリ。アプリ間だけでなく、固定電話を含むアプリの利用者以外への国内・国際電話や国内外でSMSやメッセージを送ることができる。1月23日からβ版を提供する。