深澤直人氏デザインの空気清浄機が国内登場、中国や東南アジアでは発売中

 日立グローバルライフソリューションズは、すでに東南アジアや中国で販売している空気清浄機「EP-VF500R」を日本国内でも2月29日に発売した。価格はオープンで、税別の実勢価格は9万円前後。

EP-VF500R

 EP-VF500Rは、日本を代表する世界的なデザイナーの1人である深澤直人氏がデザインした空気清浄機。機器の正面を全て水平のルーバーで覆い、一つのテクスチャのように仕上げることで、汚れた空気を強力に吸い込むことを示唆するとともに、部屋との整合性を高めている。

 特徴的な背面形状を採用し、部屋のコーナーにぴったりと収まり、部屋の隅から全体に空気を循環する。また、プレフィルターを簡単に取り外せる前面パネルを採用している。
 
部屋のコーナーにぴったり収まる背面形状

 PM2.5などの問題から空気清浄機のニーズが高い、東南アジアや中国といった市場ではすでに販売を行っていたが、日本では2019年上期に約3カ月間の参考出品を行い、ニーズの把握やマーケット調査を進めていた。

 なお、EP-VF500Rは「2019年度グッドデザイン賞」を受賞しており、さらに「グッドデザイン・ベスト100」にも選ばれている。また、海外向け空気清浄機「EP-PF120C」シリーズとして「iFデザインアワード2020」を受賞し、金賞に選ばれた。

オススメの記事