ジャパンネット銀行は11月14日、ガーミンジャパンが提供する「Visaのタッチ決済」を利用した非接触決済サービス「Garmin Pay」に、デビットカードサービス「JNB Visaデビット」が対応したと発表した。

ガーミンウォッチのタッチ決済でJNB Visaデビットが利用可能に

 Garmin Payに、ジャパンネット銀行の口座と直結して現金感覚で使えるJNB Visaデビットを登録すると、対応するGarminウォッチを店頭の端末にタッチするだけで決済できる。ネット銀行のGarmin Payへの対応は、ジャパンネット銀行が日本初。

 今回のGarmin Payへの対応開始を記念して、11月14日~2020年1月31日の期間中にGarmin PayでJNB Visaデビットを利用した個人・個人事業主・法人を対象に、もれなく200円をキャッシュバックするキャンペーンを実施する。
 
200円キャッシュバックキャンペーンを実施中

 Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法。Visaのタッチ決済に対応するクレジット/デビット/プリペイドカードとGoogle Payで利用でき、Apple Payには対応していない。Google Payには、現在、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行の6行が発行するVisaデビットカードのみ登録可能となっている。