ビザ・ワールドワイド・ジャパン(Visa)は11月14日、「Visaデビットカード」がGoogleが提供するウォレットサービス「Google Pay」に対応すると発表した。

 NFC搭載Androidスマートフォンのユーザーは、保有する銀行のデビットカードをGoogle Payに登録し、レジで読み取り機にスマートフォンをタッチするだけで、国内外のVisaのタッチ決済対応店舗で決済できる。リアル店舗に加え、オンラインでの支払いにも利用できる。
 
海外と共通の「Visaのタッチ決済」が利用できるように

 今回、Google Payへの対応を開始するのは、ジャパンネット銀行、ソニー銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、関西みらい銀行の6銀行が発行するVisaデビットカード。Visaのタッチ決済でGoogle Pay対応を行うのは日本初。
 
利用イメージ(ソニー銀行の「Sony Bank WALLET」の場合)

 Visaのタッチ決済は、日本を含む世界約200の国と地域で展開されている国際標準のセキュリティ認証技術を活用した決済方法。Visaのタッチ決済に対応するクレジット/デビット/プリペイドカードとGoogle Payで利用できる。