三菱UFJ銀行は10月4日、Androidスマートフォンでタッチ決済が可能なウォレットアプリ「MUFG Wallet」をリリースした。当初は、自社発行のデビットカード「三菱UFJ-VISAデビット」しか対応しないが、将来的には、これまで財布に入っていたさまざまなカード類を登録できる利便性の高いWalletサービスを目指す。


 対応機種は、「おサイフケータイ」が利用できるNFC(非接触通信機能)搭載Android端末(Android 6以降)。iOS版はない。アプリをインストールし、三菱UFJ-VISAデビットのカード情報を取り込むと、日本を含む世界約200の国・地域のVisaのタッチ決済対応加盟店で端末をかざすだけで決済できる。支払い方法、ポイント還元、年会費などは、三菱UFJ-VISAデビットに準じる。なお、三菱UFJ-VISAデビットの申込に当たり、口座を保有していない場合は口座開設が必要。
 

 セキュリティ対策として、万が一のスマートフォン紛失などの際でもカード番号などの流出がないように、決済情報・カード情報をトークン化(暗号化)し、セキュアに格納する技術を採用している。

 三菱UFJ銀行は、三菱UFJ-JCBデビット、各種クレジットカードも発行しており、今後、対応カードを順次拡大する予定。ほかにも三菱UFJ-VISAデビットがガーミンジャパンの非接触決済サービス「Garmin Pay」に、三菱UFJ-JCBデビットがGoogleの「Google Pay」に対応する。