10月2日に実施された富士フイルムの新製品発表会で、ゲストとして登壇したタレントの磯村勇斗さんと横田真悠さんは、同社のアプリで相性診断を実施。2人の相性は“100%”という結果が出た。

富士フイルムの新製品イベントで相性診断を行った
横田真悠さん(左)と磯村勇斗さん

 富士フイルムのアプリは、スマートフォン(スマホ)で撮影した画像だけでなく、動画からもチェキプリントにできるスマホ用プリンタinstax“チェキ”「instax mini Link(Link)」にあわせて開発されたもの。多彩な機能の一つとして、友だちや気になる相手との相性を2人の写真から診断ができる「Match Test」機能を搭載する。結果は、Linkでプリントした写真で初めて分かる仕組みになっている。
 
相性診断のためにツーショットを撮る2人
 
相性100%の結果を示すチェキ

 リハーサルで10回以上試して結果は診断するたびに変わったとのことだが、「100%は初めて」と2人とも驚いていた。味覚の相性もいいとの結果が出ていたことから、好きな食べ物は焼き肉で一致。必ず頼むメニューを同時に言う試みを実施したところ、磯村勇斗さんは「牛タン」、横田真悠さんは「タン」と答え、見事な一致を見せた。

 新製品のLinkについては、横田真悠さんが「写真がプリントされて出来上がるまでがドキドキ」と話し、磯村勇斗さんが「Linkはいろんな場面で盛り上げてくれる」とコメントした。
 
富士フイルムが10月11日に発売するスマホ用プリンタinstax“チェキ”の
新製品「instax mini Link」

 Linkは他にも、最大5人が各自のスマホから好きな画像を同時に送って1枚のチェキプリントに仕上げる「Party Print」機能を搭載する。イベントは、Linkが楽しみながらプリントできることを訴求するためのもの。2人が使用した際は、顔のパーツをそれぞれ撮影して写真を生成。アンバランスな写真が出来上がったが、2人は盛り上がっていた。