富士フイルムは6月21日、インスタントカメラ「instax(インスタックス)」シリーズの新製品として、新機能「サウンド機能」を搭載したカードサイズのフィルムに対応したハイブリッドインスタントカメラ「instax mini LiPlay(リプレイ)」を発売した。価格はオープンで、税別の実勢価格は1万7500円前後。

instax mini LiPlay

 本体背面を見ながら撮影した画像の中から、好きな画像を選んでプリントできるハイブリッドインスタントカメラ。撮影時には、露出補正による明るさ調整機能、セピア調やモノクロ調などに写真を加工することが可能な6種類のフィルター機能を活用することで、写真の印象を変えられる。

 「サウンド機能」として、本体に最大10秒間の音声記録に対応した録音機能を備えており、音声の再生に必要な情報をQRコード化して、撮影画像と一緒にプリントしたQRコードをスマートフォンで読み取ると、録音した音声が再生される。この機能を利用すると、写真を贈る相手に気持ちを声で伝える、海の写真とともに波の音を記録するといった、撮影時の情景が思い浮かぶ、これまでにない活用が可能になる。
 

 10種類のデザインフレームを用意しており、撮影時または撮影後に選択したフレーム付きでプリント可能で、専用スマートフォンアプリ「instax mini LiPlay」を使用すれば、さらに20種類のデザインフレームを追加できる。

 このほか、スマホ用プリンターとしても使用できる「ダイレクトプリント機能」、カメラから離れた場所でも撮影できる「リモート機能」を搭載。本体表面は、カラーバリエーションごとに異なる加工を施しており、手に取った際の感触にもこだわった。カラーは、ストーンホワイト、エレガントブラック、ブラッシュゴールドの3色。

 フィルムは、ミニフォーマットに対応した全ての「instax mini」シリーズで使用できる「CONFETTI」、スクエアフォーマットに対応したすべての「instax SQUARE」シリーズで使用可能な「Star-illumination」の2種類が使える。

 35mmフィルム換算で28mmのレンズを搭載し、記録画素数は2560×1920。対応メディアはmicroSDHC/microSDカードで、内蔵メモリには約45枚、microSDHC/microSDカードには1GBあたり約850枚の写真を記録できる(音声なしの場合)。サイズは幅82.5×高さ122.9×奥行き36.7mmで、重さは約255g。