キヤノンマーケティングジャパンは、内蔵カメラで写真を撮ってすぐにプリントできるインスタントカメラプリンタ「iNSPiC ZV-123」を6月6日、「iNSPiC CV-123」を7月に発売する。価格はオープンで、キヤノンオンラインショップでの税別価格は、「ZV-123」が1万7880円、「CV-123」が1万2880円。カラーは、ZV-123でパールホワイトとマットブラックの2色、CV-123でホワイトを用意した。

「iNSPiC」でのプリントイメージ

 「iNSPiC ZV-123/CV-123」は、Zero Ink Technologyの採用によって紙とインクが一体となった専用のフォトペーパーでプリントが可能。シール用紙で、好きなものに貼ることができる。撮影した写真をその場でプリントできる点で、カメラ非搭載の従来モデル「iNSPiC PV-123」と比べてインスタント性が向上した。ZV-123は、スマートフォンからのプリントにも対応している。