富士フイルムは、インスタントカメラ「instax(インスタックス)」シリーズの新製品として、スクエアフォーマットのフィルムに対応した「instax SQUARE SQ6」を5月25日に発売する。価格はオープンで、税込の実勢価格は1万7000円前後の見込み。

instax SQUARE SQ6

 スクエアフォーマットは、カードサイズのinstax miniフィルムに比べ撮影範囲が広く、被写体の背景やその場の雰囲気も含めて表現できる特徴がある。また、縦横比1:1のサイズを活かして構図を工夫すると、より印象的なカットに仕上がる。

 第2弾となる新製品「instax SQUARE SQ6」はスクエアフォーマットに対応し、シャッターボタンを押すだけでカメラが自動で周囲の明るさを感知し、最適なシャッタースピードやフラッシュ光量に調整する「オートモード」(自動露光調整機能)のほか、自分撮りに最適なピントと明るさを調整する「セルフィーモード」、明るめ/暗めの調整が可能な「露出調整」、最短30cmまでの近距離撮影に対応した「マクロモード」、遠距離撮影に適した「遠景モード」をはじめ、「二重露光モード」「セルフタイマー」「フラッシュオフ」など、多彩な撮影機能を搭載する。

 また、本体のフラッシュ部分に取り付けて撮影すると、被写体に色をつけたような独特の写真が撮れるオレンジ、パープル、グリーンの3色の「フラッシュカラーフィルター」3色が付属する。
 
「フラッシュカラーフィルター」の適用イメージと、黒フレームの撮影例

 カラーは、パールホワイト、ブラッシュゴールド、グラファイトグレイの3色。レンズ周りのリング部分はそれぞれ本体色に合わせたメタリック仕上げで、ボディ表面に施した斜めのローレット(細かい凹凸状の加工)は、持ちやすさだけでなくデザインのポイントにもなっている。電源はCR2形リチウム電池×2本。サイズは幅118.7×高さ128.1×奥行き58.1mmで、重さは393g。

 「instax SQUARE」シリーズで使える、黒フレームのソリッドカラースクエアフィルム「instax SQUARE Film BLACK」(10枚入り)も同時発売する。価格は従来の白フレームの10枚入りと同じで、直販公式ショップ「フジフイルムモール」での販売価格は税込1350円。

 6月25日までに「instax SQUARE SQ6」を購入して応募した先着3000名にもれなく「おでかけポーチ」をプレゼントする発売記念キャンペーンを実施する。