今年のGWは最大9連休。旅行やレジャーの予定がすでに決まっている人も多いだろう。以前、旅行といえば、紙の地図やガイドブック、デジカメ、移動中に読む本など、多くのものを持ち歩く必要があったが、今は、スマートフォンだけでも事足りる。約2000万画素のサブカメラを搭載したau/UQ mobileから発売されている「HUAWEI nova 2」は、そうした旅のおともにぴったりな、自撮りでもちゃんとしたアングルの美しい記念写真が撮れるAndroidスマートフォンだ。

ダブルレンズカメラを搭載するau/UQ mobileの「HUAWEI nova 2」(オーロラブルー)

世界第3位のスマホメーカーがau/UQ mobile向けに丁寧にローカライズ

 「HUAWEI nova 2」は、狭額縁デザインのため、約5.0インチでも幅69mmとコンパクトで、MNPならコストパフォーマンスのよい価格で手に入れられる。平均的なスマホ(170g台)より30gほど軽い、約143gの軽量で頑丈なメタルボディなので、信頼感は抜群。わずか約6.9mmの薄さで、バッグに入れてもかさばらない。
 
大きな画面は、旅行やレジャーのプランを決めるための情報収集でも活躍。
現地でGoogleマップを利用すれば、最短ルートも即座に教えてくれる

 また、専用クリアケース、イヤホンマイク、急速充電対応のUSB充電器、USB Type-Cケーブルが付属し、別途、アクセサリを用意することなく、買ったその日から使い始められる。

「パーフェクトセルフィー」で理想のセルフィーをカスタマイズ

 約2000万画素のサブカメラ、約1200万画素+約800万画素のダブルレンズカメラのメインカメラともに、独自の「ビューティ補正機能」と「背景ぼかし」効果を同時に適用でき、それぞれオン/オフと適用レベルを設定できる「ポートレートモード」を搭載。「自然に盛る」ナチュラルな美肌効果で美しく仕上げ、背景の美しいボカシで雰囲気をアップ。肌をスムーズに、顔を細く、目を大きくなど、パーツごとに細かくカスタマイズできる「パーフェクトセルフィー」と組み合わせ、思い出を美しく残せる。
 
サブカメラでは、「ビューティ補正機能」をパーソナライズする「パーフェクトセルフィー」を利用して、
より理想のイメージに近づけられる
(左:パーフェクトセルフィーオフ、右:パーフェクトセルフィー/ポートレートモードオン)

 さらに、画面や電源ボタンを押さずに、ディスプレイに向かって手をかざすだけでサブカメラのシャッターが切れる「ジェスチャーセルフィー機能」を搭載し、その場に居合わせた人に「撮って欲しい」と頼むことなく、風景や有名なスポットを背景に記念写真を撮ることができる。従来なら風景か自分、どちらかしか撮れなかった1人旅では、とくにうれしい機能だろう。
 
3月にオープンした新スポット「東京ミッドタウン日比谷」のゴジラ像の前で記念撮影。
画面に向かって手をかざし、3秒タイマーがカウントダウンを始めた後、
さっと手を下げればまるでメインカメラで撮ったようなカットになる

 ダブルレンズカメラのメインカメラは、広角も望遠もカバーでき、サブカメラ同様、「ポートレートモード」を利用すれば、アートな人物写真も簡単に撮影可能。カメラ自体も高性能で、薄暗い場所でもキレイに撮ることができる。
 
ダブルレンズカメラのメインカメラで、日比谷公園が一望できる6階の空中庭園「パークビューガーデン」で
記念撮影。背景のボケ味は、「ポートレートモード」ならでは
 
手元のアップや食べ物も美しく撮れるメインカメラ

事前の情報収集も現地の記念撮影もスマホにおまかせ

 今回、サブカメラで自撮り写真を撮った「東京ミッドタウン日比谷」は、JR有楽町駅の日比谷側、徒歩5分ほどの位置にあり、シネコンや、ネイルやコスメアイテムが試し放題の「イセタンミラー」など、女性向けの店が数多く出店する。
 
「HUAWEI nova 2」なら、三脚や自撮り棒を使わずに手をかざすだけでセルフィーが撮れる。
荷物はトートバックとスマホ1台だけ。日帰り旅行や気ままな街歩き、ウィンドウショッピングなら、
これだけで十分だ

 GWの予定がまだ決まっていないなら、スマホ1台だけの身軽なスタイルで、普段は行かない地元の観光スポットや、最近オープンした東京都内の新しいスポットを巡ってみてはどうだろうか。あえて事前に情報を収集せず、降り立った駅からマップアプリでルート情報を検索しながら歩くと、新たな発見もあるはず。都内の複雑な鉄道の乗り換えもスマホまかせで大丈夫。ただ、行く先々で、三脚を使わずに全員が写った記念写真を撮りたいとなると、「ジェスチャーセルフィー」が便利な「HUAWEI nova 2」がおすすめだ。