シチズン時計は、6月17日からクラウドファンディングを行っていた光発電スマートウォッチ「Eco-Drive Riiiver(エコ・ドライブ リィイバー)」を10月下旬に一般発売する。税別価格は4万5000円。

Eco-Drive Riiiver(ブラック)

 IoTプラットフォーム「Riiiver」と連携することで自身の好きな機能を設定可能で、気分やシーンに合わせて機能を入れ替えたり、Bluetoothで連携し、スマートフォン向け専用アプリで簡単に機能を作成・シェアしたりできる。

 光発電技術「エコ・ドライブ」に対応しているので、定期的な電池交換やケーブルを使った充電は不要。ケース/バンドはステンレス製で、機能性と腕時計としての美しさを兼ね備えたミニマムなデザイン。また、10気圧防水に対応する。

 発売に先立ち、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)グループのワンモアがが運営するクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING」で出品したところ、開始から30分で目標金額を達成。過去最高の支援額である1億円を達成した実績をもつ。
 
「Eco-Drive Riiiver」のクラウドファンディングページ。
支援者へのリターンとして用意した在庫が完売するほどの人気を博した

 GREEN FUNDINGでのクラウドファンディングにあわせ、次世代ショールーム「蔦屋家電+」では、「Eco-Drive Riiiver」の世界観を体感するための展示も行った。8月31日のプロジェクト終了時の支援金額は1億641万9704円で、支援人数は2748人。

 シチズン時計とCCCマーケティングは、Eco-Drive Riiiverのマーケティングプロモーション実施に向けて協議し、CCCグループとともにビジネスを展開していく予定。