Discoverは、自社運営の動画ショッピングサイトで世界初の体温で発電するスマートウォッチ「Matrix PowerWatch」を4月15日に発売した。

体温で発電する「Matrix PowerWatch」が登場

 Matrix PowerWatchは、熱発電技術の搭載によってユーザーの体温で発電を可能とした。最上位モデルの「Matrix PowerWtch X」は、消費カロリー、運動量、睡眠量の測定に加え、着信通知機能、水深200mまで耐える防水性能を備える。
 
Matrix PowerWtch X

 航空機で使用されるアルミニウム合金を採用した高耐久ベゼルや高耐久シリコン製ストラップで高い耐久性と装着感を実現。軽量で重厚感のある仕上がりになっている。
 
軽量かつ重厚感のあるデザイン

 連携しているスマートフォン(スマホ)への着信時に、バイブレーションで知らせる着信通知機能も搭載している。音声、SMS、Gmail、LINE、Facebook、Instagram、Skypeなど、さまざまな着信に対応。「気付かなかった」といった事態を避けるため、強めのバイブレーションに調整している。

 エントリーモデルの「Matrix PowerWatch Silver」と「PowerWatch Black Ops」は、消費カロリー、運動量、睡眠量の測定などが可能であるほか、ストップウォッチ機能を備える。航空機で使用されるアルミニウム合金で、50m防水性能を持つ。Silverにナイロンベルト、Black Opsにミラネーゼストラップを採用している。
 
Silver(左)とBlack Ops

 計測したデータは、スマホアプリ「PowerWatch」で確認が可能。目標値や、時計の言語、表示方法、表示単位などが設定できる。活動量データをシェアすることで、モチベーションアップにもつながる。
 
アプリでデータの推移などを確認できる

 税別の販売価格(送料込み)は、Matrix PowerWtch Xが2万9034円、Matrix PowerWatch Silverが2万2963円、Matrix PowerWatch Black Opsが2万5534円。また、Matrix PowerWtch Xには緊急用充電器「サーマルチャージャー」が付属する。夏場や常時気温が高い場所で使用する際、充電が心配な場合の対策として活用を勧めている。