FintechスタートアップのHandiiは、オリエントコーポレーション(オリコ)と提携し、法人向けウォレットサービス「paild(ペイルド)」を今秋にリリースすると発表した。

 「paild」は、法人カードをオンライン上で何枚でもすぐに発行できる、国内初のプリペイド式法人向けウォレットカード。paildカードは世界のVisa加盟店で利用可能で、これまでの法人カードとは異なり、カードの発行・停止、個別の利用上限額の設定、ユーザーの権限管理などが全てオンラインの管理画面で完結する。
 
圧倒的なスピードと使いやすさを実現

 何枚でも法人カードを発行できるので、立替経費の多い現場の社員が決済に利用すると、立替経費精算にかかっていた時間やコストを減らせる。また、用途に応じて支払いカードを使い分けることで、シンプルな予算管理が可能になる。

 入金した金額分のみ決済が可能なプリペイド式のため、出張や広告費の出稿といった、急な出費がともなう場面でも、クレジットカードのように与信を気にすることなく決済できる。一方、管理者はオンライン上で利用上限の設定や利用停止などが実行可能なので、社員の無駄遣いを抑えられる。
 
「paild」が解決する課題

 バーチャルカードだけでなく、リアル店舗で使いやすいプラスチックカードの発行にも対応しており、6月25日から事前登録を受け付けている。

 今回の提携で、オリコは「paild」の国際ブランド対応業務を行うほか、Handiiが今後提供する新たな金融サービスについて両社で検討していく。