LINE Payは、6月27日に開催したLINEの事業戦略発表会「LINE CONFERENCE 2019」で、2019年度中に導入すると既に発表していた「LINE Pay Visaクレジットカード(仮称)」の発行パートナーがオリエントコーポレーション(オリコ)に決定し、19年8月から先行予約を開始すると発表した。

LINE Payがより便利にお得に使えるクレジットカードが登場

 LINEのクレジットカードともいえる新しいクレジットカードは、国際ブランドとしてVISAを付帯し、Visaのタッチ決済機能するため、国内外のVisa加盟店でカードをかざすだけでスピーディに決済できる。ポイント還元率は初年度3%で、LINE Payに連携して、スマホ決済に利用することもできる。年会費は税別1250円だが、年間1回以上、カードショッピングを利用すれば無料。実質年会費無料の高還元率クレジットカードとして話題を集めそうだ。
 
クレジットカードに続き、LINEユーザー向けスマホ銀行も計画し、
実際に日本を含む4カ国で同時に設立準備中という

 LINEは、次世代のフィンテックソリューションの開発・提供を目指し、世界的企業のVISAと戦略的包括パートナーシップ提携を結んでおり、東京2020オリンピック競技大会に向けて共同でマーケティングを展開する。その一環として、オリコとLINE Payの協力のもと、枚数限定でオリンピック限定スペシャルデザインのクレジットカードを発行する予定。LINE Payからしか申し込めないプレミアムカードとなる。
 
東京2020大会を記念したLINE Pay限定VISAカードのデザインイメージ

 オリコとは、LINE Creditを通じて提供するスコアリングサービス「LINE Score」でも提携し、ノウハウを受けた。100~1000のLINE Scoreに応じ、ベネフィットの一つとして、ユーザー一人に沿った個人向け無担保ローン「LINE Pocket Money」などを提供していく。なお、「LINE Score」は、LINE Payからアクセスでき、順次、誰でも利用できるようになる。
 
6月27日にスタートした「LINE Score」