Visaとコミュニケーションアプリ「LINE」上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」を運営するLINE Payは6月6日、次世代のフィンテックソリューションの開発・提供を目指し、戦略的包括パートナーシップ提携を結ぶと発表した。新規に立ち上げる「デジタル決済対応カード(仮称)」や、日本のキャッシュレス化推進に貢献する共同マーケティングなど、複数の分野で協業する。

LINE内の「デジタル決済対応カード(仮称)」のイメージ。
なお、LINE PayとVisaで提供するサービスは、各国・地域の規制やルールに従って提供する

 戦略的包括パートナーシップ提携は、これまでに発表したブランド提携カード「LINE Pay Visa クレジットカード(仮称)」の取り組みに加え、協力範囲をさらに拡大したもの。LINE Pay Visa クレジットカード(仮称)は、日本で今年中に提供を開始する予定。

 協業による取り組みとして、LINEユーザーは、LINE Pay内からVisaブランドのデジタル決済対応カード(仮称)の申し込み・利用が可能になるほか、既存の「Visaカード」をLINE Payに連携してスマートフォン決済に利用することもできるようになる。また、海外旅行の際に、世界中のVisa加盟店でLINE Payで支払い可能になるような新機能も提供していく予定。

 加盟店側のメリットは、全世界約5400万のVisa加盟店でLINE Payで決済可能となるため、店舗側がLINE Payの直接加盟店にならなくとも、Visa加盟店であれば利用可能になり、決済通知や履歴もLINE Pay内で確認できるようになることだ。さらに、ポイント還元などのロイヤリティプログラムや利用特典でも両社が協業するため、キャンペーンをきっかけとした来店客の増加や単価アップが期待できる。
 
LINE Pay 代表取締役 CEO 兼 LINE の Fintech Company 担当の高永受(コ・ヨンス)氏、
Visa のアジア太平洋地域担当リージョナル プレジデントのクリス・クラーク氏のコメント