サインや暗証番号の有力など、キャッシュレスとはいえクレジットカードの会計には手間がかかる。この手間を省くクレジットカードのタッチ決済が、普及し始めている。3月5~8日に東京ビッグサイトで開催された「リテールテック JAPAN」では、Visaのブースでクレジットカードによるタッチ決済を体験できた。スムーズに決済できるだけでなく、スキミング防止にもつながり、さらに安心して使えそうだ。

「リテールテック JAPAN」でVisaのタッチ決済を体験

 Visaのタッチ決済は、非接触対応のVisaカードをレジなどにあるリーダーにタッチするだけで支払いが完了する決済方法。国内でも海外でも、対応マークがあるVisa加盟店で1万円以内の買い物なら、サインや暗証番号は不要となる。セキュリティ技術は世界基準で安全性が高い。
 
カードの表面でタッチ決済対応・非対応を確認できる

 ブースでは、まずタクシーでの支払いを体験してみた。タクシーが目的地に到着したと想定し、シミュレーションを開始。後部座席に設置されている決済端末に、値段が表示された。端末の右上にあるリーダーにタッチ決済対応のクレジットカードでタッチすれば、決済が完了。サインや暗証番号の入力もなく、これまでと比べてあっさりと決済が終わった。
 
タクシー後部座席の目の前にある液晶ディスプレイが決済端末になっている

 続いてカフェでも、スーパーでも、スムーズに決済できた。利用した感覚は、電子マネーに近い。電子マネーとの違いは、チャージする必要が無いこと。そして、Visaのタッチ決済は世界規格なので、海外でも同じように使えることだ。日本では、ローソンやマクドナルド、TSUTAYAなどで利用することができる。
 
使える店舗の例

 従来のスキャンによる支払いの場合、一時的に自分の手元からカードを手放すので、クレジットカードの情報を不正に抜き取られる「スキミング」の被害に遭う可能性が高まる。一方、タッチ決済なら、クレジットカードを手放す必要が無いので、スタッフにカードを見せることなく決済が可能で安心だ。

 今春から発行するカードからは、標準で非接触に対応するという。自身のカードが対応していない場合は、Visaカード発行会社や銀行に問い合わせてみるといいだろう。カード表面で対応・非対応が確認できる。実際に利用してみたら、これまでのクレジットカード決済の印象がガラリと変わるはずだ。