みずほ銀行は、約60の金融機関と協働し、「銀行系デジタル通貨のプラットフォーム」としてQRコードを活用したスマートフォン(スマホ)決済サービス「J-Coin Pay(ジェイ コイン ペイ)」の提供を3月に開始する。さまざまなスマホ決済サービスが乱立する中、金融機関の参画が多い“連合軍”で競合サービスに一石を投じる。

「J-Coin Pay」アプリイメージ

 J-Coin Payは、「送る」「送ってもらう」「支払う」というお金に関するさまざまな行為がスマホ上で完結できることに加え、金融機関の預金口座との入出金「(アプリに)チャージ/口座に戻す」という機能についても、スマホ上のアプリを使って、いつでも・どこでも・無料で行うことができる。

 みずほ銀行は、参画した金融機関と共に、「銀行系デジタル通貨のプラットフォーム」であるJ-Coin Payを通じて、日本政府が目指すキャッシュレス化を強力に推進。「いつでも・どこでも」「誰でも」「誰とでも」を目指している。

 例えば、「いつでも・どこでも」で、都市だけでなく地方でも使えることに加えて、大規模チェーン店だけでなく中小規模の店舗でも使える、「誰でも」で、地方居住者や高齢者でも預金口座を持っていれば誰でも使えるほか、海外QR事業者との連携で訪日外国人も使える、「誰とでも」で、店での支払いや決済だけでなく個人間送金での資金移動も可能なことに加えて、みずほ銀行だけではなく参画金融機関の他行口座間でも資金移動が可能、などを実現する。

 なお、3月1日にみずほ銀行の預金口座の登録が可能となり、3月25日以降、他の参画金融機関の預金口座の登録が順次可能となる。