日本クレジットカード協会(JCCA)は、アクセンチュアとマネーツリーの協力のもと、消費者がキャッシュレス決済を「使えるのに、使わないのはなぜか」に着目した調査を実施。諸外国の取組み事例も参考に、日本におけるキャッシュレスの推進策の考察を取りまとめた。

 この調査によれば、「使えるのに使わない理由」については、「現金のほうが手間がかからない」「店舗で使いにくい雰囲気」などが挙がったという。
 

 なお、消費者の半数近くがキャッシュレス決済を利用できる店舗を選択している傾向があるとのことだ。746人の一般消費者と8654人の家計簿アプリ利用者に対して、「キャッシュレス決済に対応していない店舗を避けることがありますか」と質問したところ、「常に避ける」「避けることがある」という回答を合わせると、一般消費者が41%、会計簿アプリ利用者が55%だったという。
 

 また、「どのようなキャッシュレス決済に対応していない店舗を避けますか」という質問に対しては、生活関連商品や飲食店などの日常消費シーンが多かったとのことだ(N=一般消費が308人、家計簿アプリ利用者が4979人)。