トッパン・フォームズのグループ企業であるTFペイメントサービス(TFPS)は、1台でQRコード決済と電子マネー決済に対応するキャッシュレス決済端末「ThincaBridge NFC(シンカブリッジ エヌエフシー)」の販売を今夏に開始する。

製品イメージ

 ThincaBridge NFCは、POSレジやPCに接続し、TFPSのクラウド型決済プラットフォーム「Thincacloud(シンカクラウド)」で対応しているQRコードと電子マネーの決済が可能となる。決済端末をそれぞれ導入する場合と比べ、コストの削減やレジ周りの省スペース化につながる。

 QRコード決済については、本製品に搭載された液晶画面とカメラを活用。消費者がスマートフォン(スマホ)に表示させたQRコードをThincaBridge NFCのカメラで読み取る「消費者提示型(コード支払い)」の決済サービスと、ThincaBridge NFCの液晶画面に表示させたQRコードを消費者がスマホのアプリで読み取る「店舗提示型(読み取り支払い)」の両方に対応する。

 また、「マイナンバーカード」への対応も予定しており、決済だけでなく認証も可能なマルチファンクションペイメントリーダー・ライターとして利用が可能となっている。